大量に必要でも安心

オリジナリティあふれるデザインで

tシャツはデザインやサイズも豊富で、日常的に手軽に購入して着用していることが多いと思われます。しかし手軽だからこそ、他にはないデザインのオリジナルtシャツというものもあります。学生ならば運動会や文化祭などで、オリジナルtシャツを作って着用することもよくありますし、社会人になってもイベントや就業している企業の方針で、そういったtシャツを着る機会もあるかもしれません。そういった場合は専門業者に依頼して作ってもらうことが一般的ですが、自分の手作りで作ることも可能です。無地のtシャツにプリントをするだけで、それはオリジナルのデザインtシャツになります。おもな技法としては、アイロンプリントやステンシル、シルクスクリーンなどで作成することが可能です。

プリントを工夫しよう

イベントなどで大量にオリジナルtシャツが必要ならば、専門業者に依頼するが良さそうです。しかしちょっとしたおしゃれやリメイクという意味ならば、やはりオリジナルtシャツは自作する方が楽しいですし、やりがいもあるでしょう。リメイクというと、tシャツの形状を変化させて別の用途で使うようにする方法もありますが、ちょっとした変化を求めるならば、やはりプリントをするだけというのが手軽で簡単です。難易度的にはアイロンプリントが簡単ですが、耐久性がやや低い面もあります。その耐久性を強化したのがサンラバーで、こちらも同じくアイロンを使います。そして耐久性とともに複雑なデザインを求める場合は、難易度が上がりますが、シルクスクリーンやステンシルという方法があります。このように自分に合った方法でプリントをして、世界に一枚だけのオリジナルtシャツを作ると良いでしょう。